• ホーム
  • トピックス
  • 議会質問
  • 実績
  • 議会報告会
  • 活動日記
  • お問い合わせ

 

一連の指定管理者に係る不祥事に対する会派公明党の対応と見解

 河内長野市3月議会は芝田市政を総括する激しい議論の応酬となりました。
 元市職員による生活保護費横領事件後、市が各指定管理者に運営を任せていた あやたホール、くろまろの郷、ウェルネス三日市健康支援センター(三日市市民ホール)で立て続けに不祥事が発生し、市長の対応が注目視される中、結果的に市民の怒りに応え、市民の信頼を回復するにたる行動を示し得なかった市長に対する不満が随所に現れた議会だったと言えます。
 3月22日より予算常任委員会で3日間にわたり審議された平成28年度一般会計予算案は賛否同数となり最終的に委員長(角野議員)判断で前代未聞の否決となりました。3月28日の本会議ではさすがに“予算が通らなければ、直接、市民サービスに影響する”という危機感が働き可決できたものの、賛成9・反対7の採択となりました。
 市議会公明党は市民サービス最優先を選択する立場から、次の条件を市長が了承することを確認して平成28年度予算に賛成しました。

【条 件】
●ウェルネス三日市健康支援センター(三日市市民ホール)の指定管理をしていた一般財団法人 健康管理・開発センターの指定管理費不正処理及びその対応に係る市の損害金については我が会派議員も損害額の全額或いは一部が回収できない場合はその分を我々自身も身を切り市長に協力する覚悟があるので、市長がリーダーシップを発揮して、一切公費を使わず補填する手法を講じること。

●今後の指定管理事業は有名なコンサル頼み有名な企業頼み一辺倒では なく、拙速 ・独善的な意思決定を避けて、地元をよく知る住民や河内長野の未来に情熱を持つ職員などの活用を図り、決して業務の丸投げはせず、普段からの情報共有に汗をかき、疑義が生ずればその都度見直しや修正ができる仕組み、場合によっては市長にもノーと言える仕組みを構築すること。

●平成28年度は地域ごとの課題を地域住民の協力を得ながら共に解決する新たなまちづくりを模索する第5次総合計画がスタートする。更には、住みなれた地域で誰もが医療・介護・生活支援サービス等を一体的に受けることができるようにする地域包括ケアシステムを小中学校区単位で社会福祉施設・医者・地域住民・ボランティア団体・地元事業者などと協力連携して作り始めなければならない。その為には、市長が一大発心して現場住民のなかに飛び込み、例えば、地域共通の課題である認知症対策を一つのテーマに掲げて、自ら認知症サポート要請講座等に参加し、地域住民の意識喚起に取り組む姿勢を示すこと。

芝田市長は上記条件を受け入れ、『現在、債務者である一般財団法人健康管理・開発センター及びその代表者である時田繁治氏個人に対し法的手段を用いるなどして、債権の回収に努めている。損害の回復に至らなかった場合には、市政をあずかる最高責任者として、あらゆる手段を講じることで市民に負担の内容にする所存である。』そして、『河内長野市の発展のために、全力で取り組む。』との姿勢を示しました。

河内長野市議会公明党